龍崎飛鳥&早乙女宏美Ryuzaki Aska & Saotome Hiromi

京都バルバラの女王と切腹の女王が初のコラボ!倒錯に満ちた男装の麗人と叙情的切腹劇のアラベスクショウ!

●龍崎飛鳥

電光石火の縄さばきと意表を突く場面転換で、もはや右に出るものはない当代一の女流緊縛師。
自分が好きな表現ができる場所とイベントのテーマ性に惹かれた時にしか、ショー出演はしないというポリシーを貫く。
決して緊縛ショウというカテゴリーには当てはまらない、自由な発想とサプライズで舞台を構成する縄の魔術師として、サディスティックサーカスでは、観る者の脳内に変容をもたらす名ステージの数々を繰り広げている。
90年代初頭より活動を開始し、京都BARBARAグループを率いるカリスマ女王として君臨しながらも、その人柄は豪胆磊落で多くの人を惹きつける。

●早乙女宏美

1984年にっかつロマンポルノデビュー。以後映画、演劇、パフォーマンス、著述と活動を展開させる。サディスティックサーカスでは毎回、卒倒者を出すほど迫真に迫るパフォーマンスを演じている。2012年6月ヴァニラ画廊より、切腹オマージュ写真集「匂う蓮」を発売。